知らなかった!教育ローンの賢い選び方

幼稚園から大学卒業まで。子供の教育には随分とお金がかかるものです。時にはやりくりがどうしても苦しい場合もあるでしょう。そんな時にありがたい存在になるのが教育に必要なお金を低利子で貸してくれる教育ローンです。しかし、それも無計画に利用していたのでは返済の時に苦労しかねません。そこで、教育ローンの賢い選び方について解説をしていきます。

☆まずは奨学金の検討を

教育ローンよりも先に検討すべきは奨学金です。なぜなら、奨学金なら返済の負担が教育ローンよりも少なくてすむからです。特に、給付型奨学金の場合は返済の必要自体がありません。もちろん、それだけ受け取る条件も厳しくなります。給付型奨学金を実施している大学を選び、そこで優秀な生徒だと認定されなければなりません。また、この奨学金には、学校に入学してから申請するタイプと入学試験時に奨学生選抜を行う二つのタイプがあります。いずれにしても、そのハードルはかなり高いと考えておいた方がよいでしょう。一方、貸与型奨学金は返済義務があるものの、在学中は返済義務がなく、利子は無利子か、かなり低い値に抑えられています。そして、審査基準は給付型ほど厳しくありません。したがって、最初は奨学金の申請を行い、審査に落ちるか、あるいは奨学金だけでは足りないという場合に教育ローンを検討するのが賢明でしょう。

☆最終的な返済金額を低くできるか調査する

教育ローンにはさまざまなタイプがあります。例えば、国の教育ローンは固定金利ですが、民間の教育ローンは変動金利を選べるものもあります。変動金利は固定金利より利子が低めに設定されているものの、市場金利が上がると一気に返済額が増えてしまうリスクがあるので注意が必要です。また、返済するお金は単純に元金と利子だけというわけでなく、保証料、繰り上げ返済金などさまざまな要素が絡んできます。そのため、複数ある教育ローンを比較してもどれが良いのかよく分からなくなる場合もあります。その場合、最も重視すべきは総返済額です。ついつい、月々の返済額が少ないものを選んでしまいがちですが、そうなると結局長い期間、返済の負担に耐えなければなりません。まずは、それぞれの教育ローンで総返済額がいくらになるかをシミュレーションし、額の少ないものから候補として検討していけばよいでしょう。

☆進学の可能性がある段階で、前もって教育資金の準備を

教育ローンは低金利といっても借金には違いありません。なるべくなら利用せずにすませたいところです。そのためには、早い段階からの教育資金の備えが必要になります。その手段として有名なのが学資保険です。これは毎月積立額を支払うことで、あらかじめ設定した年齢になると祝金がもらえるというもの。例えば、子供が生まれた時から月1万円ずつ積み立てて、小学校入学時に10万円、中学校入学時に20万円、高校入学時に20万円、そして子供が18歳になると満期となって200万円支払われるといった具合です。積立金と支払われる総額を比較すると定期預金より利率がよく、税制面でも優遇されているというメリットがあります。また、契約者本人が亡くなればそれ以後積立金を支払わなくてよいので、万が一の際も安心です。その一方で、市場金利が上昇しても受け取れる金額は変わらないため、インフレになると損をしてしまいます。その上、途中解約してしまうと元本を割ってしまう可能性があります。したがって、準備方法はひとつに絞らず、学資保険と定期預金を半分ずつといった具合に複数用意しておいた方が安心でしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

ピックアップ記事

  1. 日銀で史上初めて導入されたマイナス金利。言葉だけは聞いたことがあっても、実際に私たちの生活にどのよう…
  2. 子供によい教育を受けさせたいと思うのは、親として当然のこと。ですが中学から私立に進むとなると、学費の…
ページ上部へ戻る